HANAYO

花世 ー Luvian Hanayo Seto

PROFILE

Luvian Hanayo Seto-
小さい頃は歌手になると夢見ながらユーミンやJ-POPを歌いながら日本で育つ。その後アメリカの高校で声楽を学びながらキャロルキング、ビヨーク、マドンナ、ミュージカルなどいろいろなジャンルに触れる。日本に戻り大学に行きながらエレクトロニカ、ダンスミュージック、フィッシュなどアンダーグラウンドな音楽に出会い、音楽には何か大きなヒーリングの力があるのではないか気づき始める。音楽療法を学ぶためアメリカのバークリー音楽大学へ渡り、世界中の音楽仲間と共にコラボーレションをしながらワールドミュージックに触れる。
現在は世界中で高く評価されている「ホオポノポノ・ソング」や「水の詩」の作者、父でもある瀬戸龍介とのコラボレーション他、様々な音楽家と共に進化している。
「私の透明感ある歌声にポップスと様々な音楽がクロスオーバーされて世界中の人がワンネスを感じて欲しいの。
音楽は波動で、影響力があるものだし、愛を表現したり思い出させてくれる最高のツールだと思うの。」

多くの方からありがたいメッセージを頂いています:
「瀬戸花世さんの歌声はかわいくて優しい」
「彼女が歌うと身体がキュイーンとしびれました」
「癒される歌声」
「美しく綺麗な声」
「天に届く声」
「花世さんの細胞にまで沁みる歌声・周波数に、愛を受け取り、与えていくことを改めて決意いたしました」
「彼女の音楽は音を演奏しているのではなく、音を楽しんでいる。まるでヒーリングを受けているような心地よさだ」

Hanayo grew up in Japan listening and singing to J-Pop like Yumin and dreamed to be a singer. During her high school years in the U.S., she listened to Carol King, Bjork, Madonna, and participated in the school choir and musicals. She then moved back to Japan to go to University listening to Electronica, Trance, and Phish, where she started to realize that there is a great power of healing affect in music. She decides to go back to the U.S. to study music therapy at the Berklee College of Music, where she collaborated with artists from around the world.
In the present, she is growing with many musicians from different genres. A collaboration with her father Aman Ryusuke Seto, “The Ho’oponopono Song” and “The Water Song”(Hado Theme Song) has been admired from people all around the globe.

“I want people around the world to feel a sense of oneness with my music. This is possible because my voice, popular music, and a world of different genre crossover well. Music is vibration and it has a great impact in our lives. It is the most powerful tool for us to remember what love really is.”

Reviews: (Translated)
“Hanayo’s voice is cute and kind”
“When she sings my body vibrates”
“A voice that heals”
“Beautiful and fine voice”
“A voice that reaches the heaven”
“Hanayo’s voice and vibration penetrated to my cells, where I received the love, and once again decided to give it.”
“She does not play the music but enjoys it. It is like receiving a healing session.”

profile_photo